福祉住環境コーディネーターの資格

福祉住環境コーディネーターの資格について

福祉住環境コーディネーターとは、障がい者や高齢者ひとりひとりができるだけ自立して、よりいきいきと暮らしていくための住環境を提案するスペシャリストです。

 

 

福祉や建築だでけでなく医療(病気や身体的機能)などの幅広い知識が必要な資格です。

 

こちらでは、

  • 福祉住環境コーディネーターはどんな資格(仕事・就職・収入)
  • 福祉住環境コーディネーターの資格が本当に実践で使える仕事なのか
  • 期待できる就職先や年収
  • 資格試験の難易度と必要な学習時間
  • 資格取得におすすめの学校・講座
  • 資格取得におすすめの本

など、詳しく解説していきます。

 

福祉住環境コーディネーターはどんな資格?

福祉住環境コーディネーターは、日本の民間資格の1つです。
障がい者や高齢者に対して住みやすい住環境を提案するスペシャリスト。

 

今までは、

  • 建築→建築士
  • 介護→介護福祉士
  • 医療→医師、理学療法士

などそれぞれの専門職が担当していました。

 

しかし、
それぞれの専門職の知識だけでは、障害者や高齢者のための住環境に関する必要な要素が抜け落ちやすかったため、福祉や建築だでけでなく医療(病気や身体的機能)などの幅広い知識をもった福祉住環境コーディネーターという資格が誕生しました。

 

 

福祉住環境コーディネーターの受験資格

 

福祉住環境コーディネーターは学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
2級からの受験や、2級と3級の併願受験も可能です。
但し、
福祉住環境コーディネーターの1級は2級合格者のみ受験可能。
申込登録時に2級証書番号が必要です。

 

福祉住環境コーディネーターの就職先

 

福祉住環境コーディネーターを取得すると、幅広い業種で活躍することができます

  • 福祉関係:福祉施設、保健所など
  • 建築関係:リフォーム会社、工務店、建築会社など

インテリアコーディネーターの資格を併せて習得していると、その職種で就職をしてから、福祉住環境整備の業務もこなせる貴重な人材として活躍できるでしょう。

 

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

 

福祉住環境コーディネーターは、障がい者や高齢者が安全で快適に暮らせるような住環境を提案する仕事です。

 

バリアフリー住宅の新築やリノベーションなどを希望する顧客の相談を受け、ケアマネージャーや建築士や工務店などと連携して、床の段差の解消や手すりやスロープの設置など行います。

 

 

また、
ひとりひとりに合った車いすや介護ベッドなどの福祉・介護用品などの提案をしたり、使い方をアドバイスするのも福祉住環境コーディネーターの大切な役割です。

 

福祉住環境コーディネーターの収入の目安

 

福祉住環境コーディネーターの平均年収は約200万〜350万円となっています。
年収に幅があるのは年齢、スキル、福祉住環境コーディネーター以外に取得している資格、会社規模などの要素によって生じています。

 

福祉住環境コーディネーターに向いている人

次に福祉住環境コーディネーターになるにはどのような方が向いているのかを見ていきましょう。

 

親身に相手のことを考えられる

 

障がい者や高齢者、またその家族と接することが多いため、福祉住環境コーディネーターは親身になって相手のことを考えることができる優しくて思いやりのある人に向いています。

 

 

福祉だけでなく、インテリアや建築に興味がある

 

福祉住環境コーディネーターは様々な分野の知識を必要とします。
どれか一つだけ興味があるというよりは、福祉にもインテリアにも、まんべんなく興味があるという方が向いているといえるでしょう。

 

 

コミュニケーション能力が高い

 

福祉住環境コーディネーターはたくさんの人と関わり仕事を進めていかなければなりません。
それぞれの思いをヒアリングしてそれを取りまとめ、時に交渉力も必要になってきます。

 

福祉住環境コーディネーター資格取得のメリット

 

次に、
福祉住環境コーディネーターの資格を取得するとどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

 

建築業界から見たメリット

 

高齢者社会が進む今、福祉住環境コーディネーターは建築関係者から注目されている資格です。
理由として、これから家や賃貸住宅を建てたり、リフォームしたりする人に高齢者が多いという背景があるからです。

 

 

なので不動産業界で働いている人や、建築士、インテリアコーディネーターがこの資格を持っていると大変頼りにされる存在になります。

 

介護医療業界から見たメリット

 

介護医療業界に携わる人が実際に福祉住環境コーディネーターの資格を取得したことで、提案するサービスがより具体的になります。

 

例えば、利用者のリハビリのプランをたてる際、廊下の広さや階段のつくり、部屋の段差などを考えて、自宅で快適に生活するために必要なアドバイスをすることができます。

 

仕事以外にも役立つ一生ものの知識

 

福祉住環境コーディネーターの資格は仕事で役立つだけにとどまりません。
プライベートで身近な人にアドバイスをすることができるためたくさんの人に貢献することができます。

 

福祉住環境コーディネーターの資格情報

ここからは、福祉住環境コーディネーター資格の詳細情報について解説していきます。

 

 

福祉住環境コーディネーターの資格種類と内容

 

福祉住環境コーディネーターは、日本の民間資格の1つで、主催は東京商工会議所です。
種類は難易度別で3級、2級、1級の3種類。
試験内容は以下の通りです。

 

3級
  • 少子高齢社会と共生社会への道
  • 福祉住環境整備の重要性・必要性
  • 在宅生活の維持とケアサービス
  • 高齢者の健康と自立
  • 障害者が生活の不自由を克服する道
  • バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
  • 生活を支えるさまざまな用具
  • 住まいの整備のための基本技術
  • 生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい
  • ライフスタイルの多様化と住まい
  • 安心できる住生活
  • 安心して暮らせるまちづくり

 

2級
  • 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
  • 福祉住環境コーディネーターの役割と機能
  • 障害のとらえ方
  • リハビリテーションと自立支援
  • 高齢者・障害者の心身の特性
  • 在宅介護での自立支援のあり方
  • 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
  • 障害別にみた福祉住環境整備
  • 福祉住環境整備とケアマネジメント
  • 福祉住環境整備の進め方
  • 福祉住環境整備関連職への理解と連携
  • 相談援助の実践的な進め方
  • 福祉住環境整備の共通基本技術
  • 生活行為別福祉住環境整備の手法
  • 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識
  • 福祉用具の意味と適用
  • 生活行為別にみた福祉用具の活用

 

1級
前半・マークシート式試験
  • これからの社会に求められる福祉住環境整備
  • 福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割
  • 地域福祉の推進?福祉コミュニティづくり?
  • 地域で支える高齢者ケア
  • 地域で支える障害者ケア
  • ユニバーサルデザインの概念および沿革
  • ユニバーサルデザイン環境の整備手法
  • 高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ
  • 高齢者住宅・施設の種類と機能
  • 障害者向け住宅および施設の種類と機能
  • 福祉住環境のコーディネートの実際

 

後半・記述式試験

実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力を問います。

 

福祉住環境コーディネーターの資格試験日

 

福祉住環境コーディネーターの試験日は年に2回(7月・11月)実施されています。
試験日について毎年異なるのでホームページで確認しましょう。

 

福祉住環境コーディネーターの資格受験料

下記の通り、福祉住環境コーディネーターの資格受験料は級によって異なります。

  • 1級:10,800円
  • 2級:6,480円
  • 3級:4,320円

 

福祉住環境コーディネーターの合格率・難易度

 

福祉住環境コーディネーターの資格試験は、100点満点とし、70点以上をもって合格とします。
試験は、公式テキストから出題される問題が出題されるので公式テキストを理解しておけば問題ないでしょう。

 

合格率も2級・3級はほぼ50%と、それほど難しい試験ではありません。
しかし福祉住環境コーディネーターの1級になると、合格率が一気に低くなり、6%前後と難易度が上がります。

 

ただし、実務では2級程度の知識があれば問題ありません。

 

福祉住環境コーディネーターの資格を取得するには

では実際に、福祉住環境コーディネーターの資格を取得するためにはどのような準備が必要なのでしょうか?
必要な準備や学習方法について解説していきます。

 

福祉住環境コーディネーターの資格学習方法

 

資格取得のための学習方法については、大きく分けて次の3つです。

 

  • 独学
  • 通信講座
  • 通学講座

それぞれについて見ていきましょう。

 

独学で取得できるか…

 

独学で勉強する場合、1級も2級も3級も主に公式テキストの内容から出題されるので、基本的に公式テキストを中心に勉強すれば独学での受験も可能です。

 

受験勉強を始めた時の予備知識量にもよりますが、医療や建築に関わっている方であれば、個人差はありますが1日2〜3時間の学習時間を確保していれば2〜3か月程度で合格レベルに達すると思われます。

 

福祉住環境コーディネーターの通信講座について

 

資格取得のための対策講座はユーキャンやヒューマンアカデミー、ハウジング・インテリアプロスクール ヒップスなどで実施されています。
講座の期間は3〜11か月。

 

福祉住環境コーディネーターの通学講座について

資格取得のための学校での講座は日建学院やヒューマンアカデミー(直前対策講座)などで実施されています。
講座の期間は1日〜3か月。

 

仕事などで学校へ通学するのが困難な方、自分のペースでじっくり勉強したい方は、DVDとテキストなどで学ぶ通信講座がおすすめです。

 

福祉住環境コーディネーターの講習受講費用はどのくらい?

 

費用は通信の場合で20,000〜50,000円程度。
学校への通学講座の場合は25,000〜50,000円が平均的な費用の目安になります。

 

飛び抜けて高い費用ではないので、一生使える資格を取得するにはメリットが大きいといえます。

 

福祉住環境コーディネーターの資格おすすめの本は

 

次に福祉住環境コーディネーターの資格を独学で取得したいという方のために、おすすめの本を紹介します。

 

福祉住環境コーディネーター検定試験1級公式テキスト
福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト
福祉住環境コーディネーター検定試験3級公式テキスト

福祉住環境コーディネーターを独学で勉強する場合、どの級も公式テキストの内容から出題されます。
なので公式テキストを中心に勉強しておけばいでしょう。

発行 価格 評価
東京商工会議所 1級5,400円、2級4,500円、3級2,500円 福祉住環境コーディネーター 資格

 

福祉住環境コーディネーターの資格について<まとめ>

福祉住環境コーディネーターの資格について、取得するためのノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

障がい者や高齢者が快適に暮らすために必要不可欠な福祉住環境コーディネーターの存在。

 

 

仕事としてたくさんの人に貢献できるだけでなく、自分の身近な人に対しても役に立てるのでメリットの多い、一生使える資格と言えそうです。

 

独学でも取得を目指すことができますが、一発合格を目指すなら市販のテキストと併せて通信講座を活用するのもおすすめです。

 

一発合格が目指せる学校・講座は?

 

資格取得のための学校や講座は様々あります。
まずは自分に合った講座を比較しながら適切に選ぶために資料請求してみましょう。

まずは下調べ!

まずはどんな通信講座や通学講座があるのかをチェック。
各講座の資料請求をしてみましょう。

 

 

資格の講座選びに特におすすめなのが
「BrushUP学び」サイト

 

調べたい資格の名前で検索すると、様々なスクールで実施中の講座が一覧で出てきて、受講費用や期間、内容を比較、一括して資料請求もできます。
良かったら参考にしてみてくださいね。
『BrushUP学び』サイトで講座一覧を確認


よく一緒に読まれている記事:
使える資格 資格は転職に役立たない…?
資格を取ったら転職活動はうまくいく・・・というのは幻想なのかもしれません。取得者の多い供給過多の資格は(
効率の良い転職活動のススメ